NASU SHOZO CAFE (那須)

ショウゾウ・カフェのことを知ってからいつかは行きたいと思っていた。

東のショウゾウ、西のくるみの木はカフェ好きな人たちにとっての聖地?

上野から東北新幹線で那須塩原まで約1時間。

那須塩原駅でレンタカーを借りて、緑のトンネルを抜けていく。

友人は2種免許を持つ強者

任せて安心

Cs22

澄んだ空気に 新緑の美しさに感激

Cs20

道路沿いではあるが、木々に囲まれた広い敷地の中にある。

駐車場もたっぷり

Cs33

Cs44

Cs199

Cs133

スコーンや多くの焼き菓子類が並ぶ。

Cs55

Cs66

Cs88

天井高く、テラス席も見渡せて清々しい空間

Cs211

広々テラス席

Cs188

Cs77

Cs99

連休に挟まれた平日の午前中だったせいか、行列もなくすんなり。

サンドイッチ・セット ¥1,250

スコーン・セット ¥1,100

Cs177

スコーンは少し甘めだが外はカリッとおいしい。

残念ながらコーヒーは…ぬるかった

カップに厚みがある分、よほど温めてないと熱を奪われるのだろう。

個人的には飲み口の薄いカップが好きである。

Cs11

水出しコーヒーのコーナー

Cs12

こんなコーナーも。

ラーメン屋さんにあるような椅子とテーブルだが、なぜだか不思議といい雰囲気がある

Cs144

何がこんなに人気なんだろう…

テーブルや椅子も高価なものではなく、昭和のレトロ感のあるインテリア。

昭和を知らない若者に人気のカフェに多いインテリアである。

好みは人それぞれだけど…

とにかく全体に醸し出している雰囲気がいい。

林の中のカフェ、気持ちのいい空間

そして、何より、スタッフの笑顔が素敵で感じがいい

気配りを感じさせる言葉かけ…接客ぶりが素晴らしい

こんなお店はそうそうあるものではない

オーナーの教育だけでここまでできることではないような…

スタッフ自らいきいきと志を持って働いている…そんな感じを受けた。

 

エミール・ガレ美術館 (那須)

Gg33

Gg22

Gg1

ガレの約80点の作品群。

個人蔵の美術館だという。

こんなにたくさんのガレ作品を目にしたのは初めて。

水差し、茶入れなどの茶の湯の道具類もあった。

特に茶入れが素敵だった

二期倶楽部 (那須)

何年か前、日経新聞のNIKKEIプラス1で朝食を食べたい宿ランキングの東日本1位に

輝いた二期倶楽部

ちなみに西は京都ブライトンホテル。

京都ブライトン、おススメです

 

Niki22

広大な森の中のリゾートホテル

Nikik22

Niki33

Niki44

Niki77

Niki66

Niki55

ランチのオーダーストップの時間を過ぎていたので本館にきブティックでお茶をする

Niki99

Niki101

Nikik1

八ヶ岳とはまた感じの違う緑の風景である。

木の種類が違うのだろうか。

ショウゾウ・カフェのあるエリアにはカフェやレストラン、チーズ工房などが点在する。

そのどれもが色調を抑えた統一感のある看板や案内板で、ヨーロッパの田園地帯のように意識された町づくりが美しい。

 

あまたにチーズ工房 (那須)

Ama1_2

SHOZO 黒磯本店 (黒磯)

SHOZOのホームページにはSHOZOは1988年6月、黒磯のアパートの2階から始まりました…とある。

Kuro88

 

Kuro1

かわいいアンティークのショーケースのディスプレイ

Kuro1211

1階は物販コーナー、カフェは2階にある。

Kuro111

ショウゾウではコーノをご愛用のもよう。

Kuro66

Kuro55

Kuro33

コーヒーとチーズケーキを半分こ。

Kuro44

カップやお皿やナプキンにぞうのロゴが…なんでぞうなんだろうねという私にショウゾウだからじゃ?…ガッテン

自分の鈍さも改めて…

それにつけてもここ黒磯のスタッフもなんと素晴らしい接客ぶり

素敵な笑顔

目配り、気配りを感じる。

やはりオーナーの教育の賜物なのか…

こんなお店、そうそうあるものではない

雰囲気って大事

 

塩原駅前交番

Kuro99

こんなに素敵な建物の交番が

思わずパチリ

Kuro101

ショウゾウで買ったベジ・スティックを帰りの新幹線の中でつまむ。

野菜とごまが入ったクッキーというよりサブレに近い。

これはいける

炭水化物と甘いもの三昧の1日だった

那須、いいところです

また行きたい。

森に囲まれて…二期倶楽部の朝ごはん、食べてみたい