UCCコーヒーアカデミー東京 (新橋)

Aka244

Aka233_2

先週、UCCコーヒーアカデミー東京の開講1周年を記念して開かれた。

案内メールをいただいて出かける。

カッピングコーナー

Akaa22

カッピングはコーヒー粉をカップに入れてお湯を注ぎ、少しかき混ぜて沈殿した後、上澄みをスプーンでずずず~と音をたててすすり、口の中に含ませて味や香りを味わい、コップに吐き出す。

よく飲むのではないと言われてきたが、つい少し飲んでしまう

Akaa1

冷めていたのにマンデリン・タノバタックが一番おいしいと感じた

展示コーナー

Aka122

Aka44

Aka222

Aka144

Aka133_2

Aka33

喫茶コーナー

有料の喫茶コーナーでは大会チャンピォンになった人が淹れてくれるというので、マンデリン・タノバタックを初めてのクレバー抽出で注文。

Aka111

チャンピォンの手

Aka101

950円

Aka99

抽出体験コーナー

Aka24_2

贅沢にもゲイシャで有名になったエスメラルダ農園の豆、マンデリン・タノバタック、ブルーマウンテンNo.1、ハワイコナなどスペシャルティー・コーヒーがよりどりみどり

Aka25

豆を計量、挽いてからハンドドリップ、サイフォン、エアロプレス、フレンチプレス、クレバーなど好みで様々な抽出ができる。

Aka177

サイフォンの熱源はオレンジ色に輝くハロゲンヒーター。

見た目の演出効果も抜群

Aka16

エアロプレス

Aka155

エアロプレス抽出を初めて体験する。

フレンチプレスとサイフォンの原理を合わせたような抽出法。

直径6~7センチ程度の大きな注射器のような筒状になっている。

ペーパーフィルターをセットして、粉を入れてお湯を注いで1分ほど蒸らしてレスをかける。 

簡単といえば簡単だが

最近では味わいを深くするために、最初からさかさまにセットしてやるやり方もあるという。

Akaaka1

さかさまエアロプレス

この場合はプレスするのにとても力がいるから私には不向きだと思った。

クレバー

台湾のメーカー製。

Aak3

Aak1

Aak22

形はカリタに似て、お湯を注いだ後、サーバーに移すとカパッと口が開いてコーヒーが落ちてくるおもしろいしかけ

誰が考えたのか、文字通りクレバー

エアロプレスもクレバーもカフェで使用しているところは少ない。

ラテ・アート

Aka2221

右上:フェルメール・真珠の耳飾りの少女

右下:ムンク・叫び

ラテ・アーティスト 松野浩平氏

 

Aka201

友人の猫、クムがモデル。

スマホの写真を見ながらササッといとも鮮やかな手つき

Aka188

モデルになったクム

Kum11

Aka211

右はゴールデン・レトリバーの3Dラテ

パーコレーター

Aka233

若い頃、パーコレーターで淹れた味~ という歌が印象に残っているだけで見たのも飲んだのも初めて

焙煎コーナー

Aka88

Aka77

Aka66

朝からの雨で、空いていていろいろと楽しむことができました

ありがとうございました