コーヒー・インストラクター2級検定講習会 (於:渋谷フォーラムエイト)

現代珈琲専門学院の講師からコーヒー・インストラクターの検定を受けてみては?

と勧められ…コーヒー・インストラクター

すぐその気になるんです

北海道、東京、中部、京阪神、中国、西日本の会場に分かれて2級の場合は年に2回、順次行われる。

講習と試験がセットになっていて、講習を受けないと試験は受けられないシステム。

5/14の試験日に東京にいるかどうかわからなかったけど、とりあえず申し込み。

その講習会がきのう渋谷であった。

Rin44

60名程度のほとんどが20~30代と思しき若い男性。

40代かな?チラホラ…女性が2割くらいだろうか。

紛れもなく最年長だった私

Bb111

教本にそって講義が進む。

Mama11

乾燥したコーヒーチェリー

右はパーチメント豆。

Mama221

焙煎前の生豆はこんな色。実物は焙煎豆より小さい。

左が水洗方式コロンビア、右が非水洗方式ブラジル。

Mama1234

サンプル焙煎豆

左:非水洗方式ブラジルNO.2

中:水洗方式コロンビアEX

右:インドネシアのカネフォラ種

カップテストも行う。

アラビカ種とカネフォラ種の違い、非水洗ブラジル、水洗コロンビアの違い、浅煎り深煎りの違い、焙煎後新しいものと時間の経ったものの違いなど。

会場の向かい側に懐かしきリンガーハット

Rin55

Rin66

お昼休みには皿うどんで腹ごしらえ

Rin11

長﨑皿うどん ¥650

若い頃は皿うどんにはソースだったが

今はもっぱら酢

好みって変わる

Sss

お土産のカッピング・スプーン。

コーヒーの栽培・生産、流通、消費を辿っていくといろいろなことを考えさせられる。

紅茶にも言えることかもしれないが。

コーヒー教室で聞いたのはブルーマウンテンのような希少価値・高価格のコーヒーの約9割は日本が輸入している。

一般的な生産地のコーヒーはとてもまずいのだそうだ。

いいものは輸出に回るから。

モカも今はイエメン地域の紛争のため入って来ないのだそう。

KEY COFFEE のコーヒー教室で学んだことの総集編のようだった。

憶えたつもりのものが右から左へ抜けていく悲しさよ