柴又駅

柴又駅を降りると言わずと知れた寅さんの像が

いつかそのうちにと思っていた葛飾柴又

8月の暑いさなか、50年来の友人と柴又詣で。

寅さんの映画を初めて観たのはかれこれ45年くらい前。

映画を観てあんなに笑ったことはなかった

帝釈天の参道

参道沿いには昔懐かしいお店が建ち並ぶ。

Image_10

Image_11

Image_12

どれもみな500円のつくだ煮、お漬け物。

Image_15

さくら定食 ¥1,500

おいしゅうございました

帝釈天

寅さん記念館

映画『 男はつらいよ』 のすべてがここに。

女もつらいけど…

映画のセットや当時の昭和の町並み再現。

Image_19

帝釈人車鉄道

人車鉄道とは人を乗せて人力で押して運んだという。

明治32年から大正元年まで、現在の京成金町?と柴又間で帝釈天に参拝する人を乗せて運行していたという。

Image_21

Image_22

寅さん記念館の側には山田洋次ミュージアムも。

屋上? に上がると、江戸川河川敷が見渡せる眺め

Image_24

銀座、青山、原宿ばかりが東京じゃない。

東京の顔がここにも。

東京はいろいろな顔を持つ。

友人は 心の拠り所だと言う。

Image_25

〆はとらやの草だんご

お茶つきで¥350