カフェ・バッハの珈琲

カフェ・バッハの珈琲豆

日本堤…以前は山谷と呼ばれていたらしい(最寄駅は南千住)にあるカフェ・バッハのコーヒーが友人から届く。

コーヒー教室でバッハの田口氏のことを初めて知る。

コーヒー業界の神様みたいな人だとか…知らぬ人はいないコーヒー業界のレジェンドなどなど…

ならばいちどは訪ねてみたいと、カフェめぐりを始めた頃、一度だけ行ったことがある。

駅からまごまご、とぼとぼ…冬の寒い日だった…ほぼ満席に近かった記憶がある。

田口氏は何年か前にNHKの『プロフェッショナル・仕事の流儀』に出演された。

1968年にご夫妻で始めた小さな喫茶店…多くの人がバッハで修業して全国に巣立って行かれたとか。

バッハでもハンドピックで欠点豆や虫食い豆を取り除いているという…つややかできれいな豆である。

エチオピア・シダモ・ウォッシュド

マラウィ・ヴィフヤ

数日前、ブラウニーの試食をかねて友人とバッハ・コーヒーの試飲会。

エチオピアが好みの人、マラウィが好みの人…ほんとに好みは人それぞれ

初めてマラウィを淹れた時、ワォうまっ

それから何度淹れてみても微妙に味が違って…いやはや、修業が足りません

コーヒーって、むずかしい

この日、ブラウニーを初めて焼いてみた。

材料はクーベルチュール・チョコレート、卵、バター、くるみ、アーモンド、小麦粉、牛乳、砂糖、ラム酒。

くるみとアーモンドの殻をむいて、ありったけトッピングしてみたが…なんでも多ければいいってもんじゃないなと

焼き立てと1日ねかせたあとの味の違いに驚く

通常、パウンドケーキ類は数日ねかせた方が味がなじんでおいしいが、ブラウニーはそれが顕著。

いやはや、お菓子作りはむずかしい

試行錯誤の日々。

他はまた次回に