4年ぶりの再会

社宅で暮らしていた時のお隣りのH夫人、気さくで明るく、洋裁の腕前は玄人はだし

ほんの短いお付き合いだったが、東京に所用で来るという連絡をもらい、上野でランチの後、彼女の好きな谷中を散策。

当時の私は出かけるところと言えば、ほぼ山手線沿線の池袋、上野、御徒町、せいぜい銀座…

谷根千歩きの楽しみを彼女に教わった。

朝倉彫塑館 (谷中)

Asaku44

朝倉彫塑館は明治生まれの彫塑家、朝倉文夫のアトリエと住居だった建物。

彼女が東京在住の頃は改築中で見学が叶わなかったという。

Asaku33

中庭を中心に作られた和の住居部分、アトリエのコンクリート打ちっぱなしのモダンな洋建築。

和洋折衷の見事な調和のある邸宅。

朝倉文夫自身による設計なのだそう。

1階の洋館部分に作品群の展示があり、中庭を眺めながら住居部分を通り抜け、現在は展示コーナーになっている温室を通って屋上に上がれば、そこは小さな屋上庭園。

暑い日差しの下、きゅうりやなすが実をつけていた。

芸術家の趣味の良さと、当時の豊かな生活がしのばれる。

 

やけだんだん

Ya1

かってはロケでもよく登場した夕日の名所だとか

この階段を下ると谷中銀座商店街。

両脇には行列の惣菜店などが並ぶ。

和栗や

Yana1

いつも行列の和栗や

和栗のモンブラン、最高

ペチコートレーン (千駄木)

千駄木駅にほど近い、谷中小学校のそばにあるカフェ。

私の好きなカフェへ案内するねと言いながら…3度目なのにスマホがあっても道に迷い、やっとたどり着く

Peti33

Peti66

Peti22

漆喰の壁にステンドグラスや雑多な小物が並んでいるが、味のある雰囲気を醸している。

Peti44

年代を感じさせるオークの椅子やテーブル。

夜は時々ライブがあるらしい。

かかっている音楽からして、ロンドンの裏通りにあるような雰囲気のカフェですね…

というと、ペチコートレーンという名前はロンドンの小路から取ったんですよとの返事。

Peti55

むかし懐かしのかき氷機

かき氷は夏の名物のようです。

Peti1

コーヒー ¥450

Asaku22

次回は長崎で と約束