★コッコデショ(椛島町)

きのうからおくんちが始まった。

今日は中日。

7年にいちどのコッコデショをテレビで観覧。

掛け声と共に担ぎ手の男衆の手が離れて重さ1トンと言われるコッコデショが宙に浮く。

それをいっせいに片手でガシッと受け止める一瞬の技。

男衆の揃った掛け声と太鼓の音とこの鮮やかな色…勇壮な祭りだ。

かっていちどだけ、桟敷席の特等席で観覧する機会に恵まれたことがある

おくんちの出し物の中でもコッコデショはピカイチ

コッコデショをみると長崎人の血が騒ぐ

テレビだけど

サプライズ

先週の営業日、今は伊万里で暮らす友人から むらんせでお友達と集うという予約をいただいていた。

オープン時間の少し前にピンポ~ン…ドアを開けると…

てっきり彼女だと思っていた私は一瞬、わけがわからず、声も出ず…ぽか~ん

なんと、東京の社宅でお隣りだったH夫人

彼女とわかるまでに数秒…びっくり

いつか必ず行くわね…と言ってくれていたが、まさか、まさかの…

私を驚かそうとサプライズを計画。

ん、もう~水くさいなぁ~と言いつつも、今年いちばんのうれしいサプライズ

彼女のご主人はその後転勤になり、東京では短い間のお付き合いだったが、彼女に谷根千歩きの楽しさを教えてもらった。

 

私はアフタヌーンティー・セットを試食していただこうと朝から準備をしていた。

虫の知らせ?

なぜかこの日はサンドイッチ用の食パンも具材も、ゼリーも焼き菓子も余分に用意していた。

この日、ご用意したのは6名様分。

お待たせしたり、あたふたしながらも…なんとか

黒酢ドリンクは最後になってから気づいたり、チョコレートをすっかり忘れるというドジぶりだったが、1日限定6名様までできるようになるのもそう遠いことではないかも…なんちゃって

午後からは仙台に暮らす中学、高校と同じ学校だった同級生が帰省したからと立ち寄ってくれた。

懐かしい 遠来の友人たちと数年ぶりの再会とおしゃべり…翌日も興奮冷めやらずの余韻の中でぼぉ~っと

あとから ああすればよかった、こうすればよかった…と思うことしきり。

なんでも場数を踏むことが大事なんだとつくづく。

そこで、今日は9回目の試作。

ケーキスタンドではなく、1年に1回しか出番のない塗り物にも盛り付けてみた。

どちらがお好みでしょうか。