井上陽水2017コンサート in 長崎

4/24(月) ブリックホールにて 18:30開演

Inouey22

二十歳の頃以来の陽水のコンサート 

懐かしの…

ワインレッドの心

リバーサイドホテル

限りない欲望

氷の世界 etc….

若い人の姿もチラホラだが、かっての若者で埋まった観客席。

陽水は我が青春そのもの

自分は何者なのか、何をしたいのか、どこへ向かおうとしているのか…

鬱屈した思いを抱えていた10代、20代。

そんな自分の

心の琴線に触れた陽水のうた。

レコードジャケットの中に入っていた歌詞の陽水独特のあの震えているような文字。

ありありと思い出す。

私が陽水が好きだというと

へぇ~ 意外だと言った、今は亡き友のことや青春時代を思いながらタイムスリップ。

おなじみのサングラス

何を言っても、おかし味のあるしゃべり

陽水節、健在なり

ぶらタモリのエンディング曲はかってお嬢さんとタイに行った時、ホテルでずっと流れていた音楽に構想を得て作曲されたものだという。

Inouey33

これがラストソングだと言って勝者としてのペガサスを歌う。

Yu Tube では若き日の筑紫さんの映像と共に聴くことができる。

アンコールでは

もってこ~い

もってこい のかけ声。

長﨑ならでは

もってこ~い とは長﨑くんちの時のかけ声アンコールの意味。

アンコールはなんだろうね…

長﨑だからもしかしたら、傘がないとか? と友人と話していたが

アジアの純真

夢の中へ

夏の終わりのハーモニー

だけど、残念なのは音が割れるような感じで聴きづらいような場も。

座った座席の位置によるものなのか…

ブリックホールって音響がよくないの?

なんちゃって