茨城・結城

珈琲喫茶 蓼科 (茨城・結城市)

結城駅から徒歩5分程度

堀口珈琲教室でご一緒だったT夫妻が自宅を改装してオープン

名前は蓼科だが、ここは茨城・結城市。

蓼科をこよなく愛すT夫人が命名

やっと訪問が叶う。

Iba33

駐車場3台完備。

看板などはご主人の手作り

Iba122

ドアを開けると、ぷ~んと木の香りが

ログハウスを専門の業者に依頼したのだとか。

なるほど

Iba88

一枚板の立派なカウンターはモミの木。

液晶画面からは常時、国内外の山の映像が。

ご子息撮影の山の写真なども飾られて…ご一家で山がお好きなんですね

Iba112

客専用の洗面コーナー

そうなんです…自宅でカフェをやるにはこれが設置義務なんです

Iba77

ビニール袋の中に水を入れて使う調湿機能のペーパークラフト。

Iba99

Iba15

まずはブレンドをいただく。 ¥350

マイルドでおいしい

Iba44

卵トースト ¥500

サラダとマンゴープリンがついて。

Iba22

カレートースト ¥500

ドライカレーのペーストにチーズが。

どちらもおいしいが、私の好みはカレートースト。

Iba144

T夫人手作りのチョコレートケーキ ¥400

米粉で作っているのだそう。

米粉のケーキは初めて。

小麦粉にないしっとり感。

練乳を使ったソースがチョコの苦みを引き立てて、甘さ控えめで私好み。

ケーキはこの他にチーズケーキ、かぼちゃケーキあり。

コーヒーはキリマンなどのシングルオリジンも。

Iba111

珈琲教室の頃の印象と違って、ご主人のマスターぶりが板について…

ご夫妻の睦まじく…

いい雰囲気が

どうぞごひいきに

つむぎの館

Ibayu77

T夫人の案内で結城紬の館へ。

Ibayu66

 

陳列館

Ibayu88

Iabayu55

結城紬はユネスコ無形文化遺産登録

Ibayu4

商品は撮影することができなかったが、紬って大島紬に代表されるように暗い地味な色合いがほとんどと思っていたが、結城紬は淡い繊細な色あい

それにとてもやわらかく、まさに絹

同じ絹でもタイシルクやベトナムシルクとは全くちがう。

日本の技と美を間近で堪能しました

Ibayu33

中庭を挟んで建物が裏と表に並んでいる。

Ibayu22

Ibayu1

カフェ・ラ・ファミーユ

Fami122

家の近くの時々行くカフェのマスターに結城に行く話をすると、結城に行くならファミーユに行くといいですよと。

うっかり

残念なことに定休日だった

Fami111

Fami133

住宅街の真ん中に…南フランスの田舎をイメージして建てられたのだという。

Fami88

南フランスには行ったことはないが、テレビで観たことのある、それのよう

Fami99

オーナーの母上が庭仕事をされていて、中庭をのぞかせていただいた。

Fami44

ショップの入り口

つむぎの館を訪ねたあとだけに、ここはどこ?

Fami66

カフェの入り口

Fami55

オーナーのセンスのよさを感じさせる

シャビーシックという言葉があるとするなら、まさにシャビーシックな世界

かって一度来たことのあるというT夫人も道に迷うくらいの場所

ランチタイムは行列を作り…

人を惹きつけるものがあるなら、立地などは関係ないのだなぁとつくづく

 

 

前の記事

丸の内