新しい年の初め

長崎は曇り空の元旦。

今年も息子からおせちが届いて…お雑煮をこしらえただけ。

おせち作りから解放されて…母はありがたく、ただ感謝。

『らくらくお赤飯』を炊こうとしたのに、どこにしまい込んだのか…どこを捜してもない。

最近こんなことだらけ。

引っ越してきて、お雑煮用の白味噌が手に入らなくなり、この数年はすまし汁のお雑煮だったが、長崎にひとつだけあるデパートにあった❣

石野の白味噌❣

夫の母が京都の出身で、婚家先は白味噌のお雑煮だった。

初めて食べた時はびっくりしたものだ。

具はお餅の他は小松菜のみ。

食べる時にかつお節をてんこ盛り。

夫も息子たちもこの白味噌のお雑煮が好みである。

私は断然、すまし汁の焼いた餅が好みだが。

味噌汁も彼らは赤だし❣

息子たちに何が食べたい?と聞くと、リクエストの中に必ずあるのは 卵を入れた赤だし❣

私は麦味噌が好みである。

元日から出かける用事があり、ついでに足を伸ばしてちょこっとドライブ。

かって、私がまだ車の運転ができなかった頃 友人に連れてきてもらった岳路海岸。

その時、彼女に教えられて知った。

帰る時、バックミラー、サイドミラーに映る海が映画のワンシーンをみているような…絵になる光景。

小さな感動、小さなときめきは生活の中のどこにでもあるもんだと思う瞬間。

今年も元気で働かせてもらえますように…大山神社入口ののぼりが目に入り、細い細い道を上がっていくも途中から断念。

空き地を見つけて車を停めようと切り返した時、ガガガ〜と小さいけれど、嫌な音。

嫌な予感…バンパーの下の方をこすってしまった。

数か月前にもこすって傷をつけたバンパーの修理をしたばかりなのに…私はなぜかよくバンパーをこすって傷を作る。

遠くから神頼み、神頼み。